デリケートゾーンの黒ずみケアで気をつけるポイント

黒ずみってなかなか頑固で治りませんよね?特にデリケーゾーンは黒ずみが出やすく困っている女性は多いのです。場所が場所ですのでなかなか周りの人に相談を出来ずに自分の中で我慢をしたり不安になっている人が多いです。

「何かの病気なのでは?」

と不安になりますね。

ここで始めにお伝えしたいのは、デリケートゾーンの色は人それぞれということです。生まれつき色が濃い方もいらっしゃいますので、黒いから白くしなきゃいけないといった事はありませんのでご安心ください。

 

しかし男性的な目線でいうと、黒より白といった事はあるかと思います。大切な彼氏や旦那さんをガッカリさせないためにも、日頃から黒ずみとなる原因を排除しておく必要があります。

 

皮膚の黒ずみの原因は何?

 

そもそも肌が黒くなってしまうのには何が原因になっているのでしょうか?

結論としては「刺激」です。

 

刺激というのは大げさな刺激ではなく、摩擦などの細かい刺激が原因となっています。これら刺激が与えられた肌は、刺激から肌を守るために、メラニン色素を作り出します。このメラニン色素が原因で黒ずみが出来るわけなんです。

 

この刺激がなくなればメラニン色素の生成は止まりますし、肌に染み込んだメラニン色素(黒ずみ)も排出され、次第に肌は元通りになってきます。

 

しかしメラニンが多く排出され、長年肌にしみついた黒ずみはなかなか治る事はありませんので、それをサポートするために、黒ずみケア商品などが販売されているのです。

 

そんな黒ずみの原因である刺激にはどのような要因があるのでしょうか?

  • 下着などの締め付け
  • デリケートゾーンの洗いすぎ
  • 自慰のしすぎ
  • トイレットペーパーの使いすぎ

といった要因があります。

 

また乾燥も刺激となります。デリケートゾーンの肌が乾燥してしまうと摩擦などに弱くなり、メラニンの生成を促す要因となってしまいます。

ですので、保湿ケアが非常に大切になってきます。

多くの黒ずみケアクリームなどは、この保湿効果を第一優先で配合されています。

 

デリケートゾーンの黒ずみの進行を防ぐためにできること

正直黒ずみケアクリームを使うのが一番効果的ではありますが、まだ買えないといった方の為に、今からできる黒ずみの進行を防ぐためのケア方法を解説していきたいと思います。

 

  • ゆとりのある下着を付ける(しめつけのる下着は擦れも出ますので刺激が大きくなります)
  • セルフアンダーヘア処理をしない(カミソリや毛抜での処理は肌へ負担が大きく黒ずみの原因となります。)
  • トイレットペーパーで乱暴に拭かない(トイレットペーパーで刺激を与えてしまう可能性があります)
  • お風呂で洗うときは泡で優しく(直接手で触ってしまうと刺激なります、泡で洗うイメージが正しい洗い方です。)
  • 栄養バランスに気をつける(肌のターンオーバーを正常に働かせるために栄養バランスにも気を使ってください。)