黒ずみ(色素沈着)が出来やすい部位はどこ?|防ぐにはどうすればいい?

人間の肌の中で黒ずみ(色素沈着)が起きやすい部位というのは、だいたい決まっています。次の部位は黒ずみで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

  • ヒジ
  • ひざ
  • デリケートゾーン

これらの部位は黒ずみ(色素沈着)が起きやすい部位として有名です。なぜこれらの部位に黒ずみ(色素沈着)が起きてしまうのでしょうか?

 

それは黒ずみが出来る原因に理由がありました。

 

黒ずみ(色素沈着)って何?

色素沈着というのはメラニン色素が皮膚に沈着したことによって起きた、肌が黒くなる症状のことです。

この原因には摩擦による刺激や乾燥による刺激が原因でメラニン色素が増殖します。通常メラニン色素が発生してもターンオーバーによって体外へ排出されるのですが、あまりにも多いメラニン色素が生成されると体外へ排出するターンオーバーが間に合わなくなり、肌に黒ずみとして残ってしまうのです。

 

そんな黒ずみには2つの種類があります。

  • 摩擦性黒皮症
  • 炎症性色素沈着

摩擦性黒皮症は、刺激によって発生したメラニン色素が肌へ沈着することによって起きる黒ずみです。殆どの方がこちらに当てはまります。炎症性色素沈着はニキビなどを触りすぎて炎症を起こした際にできる黒ずみです。こちらはニキビ体質の方に多い黒ずみで、主に顔にある黒ずみはこちらになります。

 

さきほど紹介した黒ずみが起きやすい場所をもう一度見てみましょう。

  • ヒジ
  • ひざ
  • デリケートゾーン

これらの共通点は、刺激が当たりやすいということです。

ですので、黒ずみを防ぐ方法としては、刺激を抑える事が一般的な黒ずみの対象方法となります。

 

しかし刺激といわれても何が刺激なるの?と思いますよね。

以下の原因が刺激となり黒ずみの原因になりますので注意してみてください。

下着の締め付け

  • 膝立て
  • 肘立て
  • ニキビ
  • 制汗剤
  • カミソリ
  • 紫外線

 これら全てを防ぐのは難しいですが、11つ注意することで黒ずみを防ぐ事が可能です。また、もう1つ注意しておきたいのが「乾燥」です。肌は乾燥していると、肌には更に刺激を与えることになり、黒ずみ(色素沈着)を悪化されてしまう原因になります。

黒ずみの改善方法としましては、黒ずみケアクリームが一般的ですが、長年溜め込んだ黒ずみは改善に時間がかかってしまいますので、専門のクリニックに行くのもオススメです。

また、ピーリングなどもありますが、こちらは皮膚のターンオーバーを強制的に引き起こす負担となるケア方法ですのでオススメできません。