脇の黒ずみには重曹パック?安全性や効果はいかほどに?

脇に出来た真っ黒な黒ずみ。みなさんはどんなケアをされているでしょうか?脇の黒ずみに悩まされている人は多く、薬局やドラッグストアでも様々な黒ずみケア商品が販売されていますよね?

 

今回紹介するには一風変わった黒ずみケア方法である「重曹パック」について解説していきたいと思います。

 

重曹って聞くとお掃除に良く使われますが、脇に使用しても安全性には問題ないのでしょうか?

 

脇の黒ずみと重曹パックの効果

そもそも脇の黒ずみはどのような原因によって引き起こされるかご存知でしょうか?主な原因は以下の2つ。

 

  1. 古い角質や皮脂が毛穴に詰まって黒く見える黒ずみ
  2. ムダ毛処理や摩擦などの刺激により発生したメラニンが色素沈着した黒ずみ

 

あなたはどちらの黒ずみに悩まされているのでしょうか?

 

重曹パックでの黒ずみケアが効果を発揮するには1番の方のみです。逆に2番の方の黒ずみは悪化されてしまう原因になる恐れがあるので絶対に使用してはいけません。

 

また重曹パックは刺激が強めなので、肌が乾燥しやすい乾燥肌の人が使用する場合には注意が必要です。

重曹パックが脇の黒ずみケアに有効な理由

 

ではなぜ重曹パックが黒ずみケアに効果あると言われているのでしょうか?

重曹パックの効果としては毛穴の汚れや角質をとってくれる効果が期待できます。

しかし、即効性はありませんので、長い期間を想定して使用する必要があります。

 

重曹パックの作り方と使い方

まず初めに注意するべきポイントとしては、食用の重曹を使用してください。掃除用の重曹は普通に危険です(笑)

ベーキングパウダーは使用せずに、粒子の細かいものを選ぶのが良いでしょう。

 

作り方と使い方の流れとしては以下の通りです。

  1. 重曹と精製水を1:1で混ぜる
  2. 脇に塗って10分置く(垂れてきたらその都度塗ってください)
  3. 重曹パックが乾く前にぬるま湯で洗い流す
  4. 化粧水や乳液で保湿をする

 

このような流れになります。重曹には粒子がありますので、なるべく脇を擦らないで塗るのがポイントです。(擦ってしまうと今度はメラニンが色素沈着した黒ずみが出来てしまい、重曹では直らなくなってしまいます)

 

重曹パックの安全性についてまとめ

重曹パックで黒ずみケアをする上での安全性について記述しておくと、以下ポイントが大切になってきます。

  • 色素沈着の黒ずみには逆効果などで使用しない
  • 刺激があるので乾燥肌や敏感肌の人は使用しないほうが良い
  • 食用の重曹を使用すること
  • 週に1度の使用に抑えること

以上のポイントが大切になってきます。

 

これを見てちょっと難しいな怖いなと思った方は、市販の黒ずみケアクリームやジェルなどの使用をオススメします。

最近は薬局やドラッグストアで安価な黒ずみケアクリームが販売されていますが、本気で治すならやっぱりネット通販限定商品が良いですね。

市販のクリームで乳首がピンク色?黒ずみの原因と対処法まで

もしかしたら私乳首黒いかも?

 

そう思ったら最後、気になって気になって夜も眠れません。乳首というとデリケートな部分ですから人にはなかなか相談できずに問題は一向に解決できず…

そんな乳首の黒ずみの原因と対処法までを解説していきたいと思います。

 

乳首が黒くなる原因には何?

 

乳首(バストトップ)が黒くなってしまうのにはメラニン色素の沈着が主な原因となりますが、加齢や妊娠などによって原因になるのです。

 

メラニン色素の沈着

まず初めの原因となるのがメラニン色素の沈着です。人間の皮膚は刺激を与えるとメラニンが生成されます。通常は溜まったメラニンは体外へ排出されていくのですが、メラニンの生成が多すぎると排出が追いつかずに色素沈着として体内に留まってしまいます。

乳首は特に擦れが多い部分で刺激を与えやすくなっていますので黒ずみが出来やすいというわけです。

 

加齢

先程紹介したメラニンを排出する働きがある皮膚ですが、加齢によりその効果は弱まってきます。ターンオーバーが衰えメラニン排出が正常に行われなくなると黒ずみとして残ってしまいます。

 

妊娠

妊娠をするとホルモンバランスが乱れます。この影響でメラニンの排出が正常に行われなくなります。また、赤ちゃんへの授乳による刺激が原因で乳首が黒ずむことも。

 

乳首の黒ずみケア方法・対処法

乳首(バストトップ)の黒ずみのケア方法としては以下の対処法があります。

  • 黒ずみケアクリームで改善
  • 皮膚科での治療
  • 美容クリニックでレーザー治療

皮膚科や美容クリニックでの治療は数十万のまとまったお金が必要になります。まずは少しずつケアをしたいという方は市販やネット通販で販売されている黒ずみケアクリームをしようする事をオススメします。

 

乳首の黒ずみケアは時間がかかる

乳首の黒ずみを改善するためにはクリームなどが利用されますが、多くの人は即効性を求めている印象を持ちました。

美容クリニックでレーザー治療をしても数ヶ月もかかる場合がありますし、クリームでセルケアをしても数ヶ月はかかります。

 

黒ずみの状態や肌質によって効果が出るまでの期間に前後はありますが、2~3ヶ月はかかると思っておいた方が良いでしょう。

毎日継続してクリームを塗ることで、徐々に変化していきますよ。

 

そして最後にお伝えしたいのは乳首の色には個人差があるということです。乳首に限らずデリケートゾーンにも言えることなのですが、人によって色味はそれぞれ変わります。元々黒っぽい人もいらっしゃいますので、全員が白くて綺麗というわけではありません。

黒ずみ(色素沈着)が出来やすい部位はどこ?|防ぐにはどうすればいい?

人間の肌の中で黒ずみ(色素沈着)が起きやすい部位というのは、だいたい決まっています。次の部位は黒ずみで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

  • ヒジ
  • ひざ
  • デリケートゾーン

これらの部位は黒ずみ(色素沈着)が起きやすい部位として有名です。なぜこれらの部位に黒ずみ(色素沈着)が起きてしまうのでしょうか?

 

それは黒ずみが出来る原因に理由がありました。

 

黒ずみ(色素沈着)って何?

色素沈着というのはメラニン色素が皮膚に沈着したことによって起きた、肌が黒くなる症状のことです。

この原因には摩擦による刺激や乾燥による刺激が原因でメラニン色素が増殖します。通常メラニン色素が発生してもターンオーバーによって体外へ排出されるのですが、あまりにも多いメラニン色素が生成されると体外へ排出するターンオーバーが間に合わなくなり、肌に黒ずみとして残ってしまうのです。

 

そんな黒ずみには2つの種類があります。

  • 摩擦性黒皮症
  • 炎症性色素沈着

摩擦性黒皮症は、刺激によって発生したメラニン色素が肌へ沈着することによって起きる黒ずみです。殆どの方がこちらに当てはまります。炎症性色素沈着はニキビなどを触りすぎて炎症を起こした際にできる黒ずみです。こちらはニキビ体質の方に多い黒ずみで、主に顔にある黒ずみはこちらになります。

 

さきほど紹介した黒ずみが起きやすい場所をもう一度見てみましょう。

  • ヒジ
  • ひざ
  • デリケートゾーン

これらの共通点は、刺激が当たりやすいということです。

ですので、黒ずみを防ぐ方法としては、刺激を抑える事が一般的な黒ずみの対象方法となります。

 

しかし刺激といわれても何が刺激なるの?と思いますよね。

以下の原因が刺激となり黒ずみの原因になりますので注意してみてください。

下着の締め付け

  • 膝立て
  • 肘立て
  • ニキビ
  • 制汗剤
  • カミソリ
  • 紫外線

 これら全てを防ぐのは難しいですが、11つ注意することで黒ずみを防ぐ事が可能です。また、もう1つ注意しておきたいのが「乾燥」です。肌は乾燥していると、肌には更に刺激を与えることになり、黒ずみ(色素沈着)を悪化されてしまう原因になります。

黒ずみの改善方法としましては、黒ずみケアクリームが一般的ですが、長年溜め込んだ黒ずみは改善に時間がかかってしまいますので、専門のクリニックに行くのもオススメです。

また、ピーリングなどもありますが、こちらは皮膚のターンオーバーを強制的に引き起こす負担となるケア方法ですのでオススメできません。

リンゴ酢を塗る&飲むとデリケートゾーンの黒ずみが改善できるって本当?

黒ずみは女性なら誰しもが悩みを抱える問題だと思います。皮膚科や美容クリニックで黒ずみを治すのが一般的でしたが、最近は薬局やドラッグストアなどでも黒ずみケアクリームやジェルが販売されています。

そういった商品を買うのが一番かと思いますが、それらもなかなかお値段が張るといった印象で、主婦や学生には少しハードルが高いですよね。

 

そこでネットで色々と調べてみると「リンゴ酢を飲んだり塗ったりするとデリケートゾーンの黒ずみに効果的」といった事を見つけることができました。

 

黒ずみとリンゴ酢

 

余り関係なさそうなイメージですが、本当に黒ずみは改善する効果があるのでしょうか?

 

リンゴ酸に含まれるAHAが黒ずみに効果的

リンゴ酢がデリケートゾーンの黒ずみケアに効果的な理由としては、リング酢に含まれるAHAが古くなった角質を落とす働きがあるからです。

AHAはピーリング剤(黒ずみのケア方法の1つ)や、洗顔料にも使われている成分でもあります。

またリンゴ酢を飲むことで

  • 代謝アップ
  • 抗菌抗酸化作用

といった働きも期待できます。

 

ただ、リンゴ酸は飲み物として作られているのでデリケートゾーンに直接塗ると肌荒れの原因にもなりますのでご注意ください。

 

リンゴ酢を塗ってのケア方法

 

リンゴ酢は飲み物として作られていますが、精製水と薄めることで刺激を抑えて使用することが出来ます。

 

リンゴ酢:精製水=1:1

 

コットンに染み込ませて顔やデリケートゾーンに置きましょう。肌に置いたさいにヒリヒリといった傷みがある場合は、精製水を足して薄めてください。

 

また注意点としては必ず二の腕の内側などでパッチテストをした上で使用してください。

 

リンゴ酢を飲んでのケア方法

リンゴ酢を飲むことでも黒ずみに効果的に働きます。リンゴは黒ずみケアだけでなく、健康的にも良いとされる成分ですので、これを機会にリンゴ酢にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

リンゴ酢を飲んだ際の働きは以下のような働きが期待できます。

  • 新陳代謝を整える
  • 抗菌抗酸化作用

 

身体の代謝がよくなれば黒ずみの改善がスムーズになります。黒ずみを改善するためにはターンオーバーで肌を生まれ変われせる必要があるのですが、ターンオーバーを促進させるために新陳代謝をよくし、沈着したメラニンを排出しやすくさせます。

 

またニキビが出来たり毛穴が広がったりするのを防ぐのが抗菌抗酸化作用です。

 

そんなリンゴ酢の飲み方としては、空腹時を避けて1日あたり大さじ1~2杯程度飲むだけでOKです。

リンゴ酢ストレートが飲みにくいといった方ははちみつを加えて飲むのも良いでしょう。

 

 

ヒザやヒジの黒ずみってなぜ出来る?予防と対策まとめ

ヒザやヒジの黒ずみ悩んでいるあなた!

黒ずみの原因って実は明確な理由があるんです!

ヒザやヒジが、

  • ゴワゴワ
  • ガサガサ
  • ザラザラ

といった肌質に加えて、黒ずんでいたら女子力が低下しているように思われてしまいます。原因を知ることで黒ずみは改善することは可能です。しかし改善には時間がかかってしまいますので、ケアをするには早いことにこした事はありません。

 

ヒザやヒジの黒ずみの原因

黒ずみの原因には以下のような日々の行動の積み重ねが原因として考えられます。

 

  • デスクワークが多くヒジを机についている
  • 膝立ちの姿勢を多くとっている
  • ジーンズなどをよく履く
  • マットを敷かずに床で寝ることや、ヨガをしている
  • 身体を強めに洗っている

 

このような何気ない日常の行動が黒ずみを作っている原因になっているのです。

 

黒ずみの原因は主に刺激などによって増殖したメラニンが色素沈着してしまうことにあります。

 

とにかくヒザやヒジに触れるものは黒ずみの原因になりやすいということです。そこで考えられるのが、ヒザやヒジ以外でも黒ずみはできるの?といたことですね。結論としては出来るでしょう。毎日のように肌に刺激を与えられた部分はメラニンが増殖しますので色素沈着により黒ずみが出来やすいでしょう。(ワキなども摩擦により黒ずむ事があります)

 

また、ヒザやヒジといった部位は、他の部位に比べて皮膚が厚く乾燥しやすく、ゴワゴワした質感になりがちで、ターンオーバーが遅いので、一度黒ずみができるとなかなか治りにくいといった事があります。

 

  • 圧迫
  • 摩擦

といった事を避けることで黒ずみができるのを防ぐことが出来ます。

 

ヒザやヒジの黒ずみ予防とは?

では、ヒザやヒジの黒ずみを予防するためにはどのような対策が出来るのでしょうか?これら黒ずみを予防するためには、先程紹介した黒ずみが出来る原因を排除しなければなりません。

 

  • デスクワークが多くヒジを机についている→なるべく避ける
  • 膝立ちの姿勢を多くとっている→なるべく避ける
  • ジーンズなどをよく履く→ゆとりのあるサイズのものを履く
  • マットを敷かずに床で寝ることや、ヨガをしている→マットを敷いて刺激を抑える
  • 身体を強めに洗っている→優しく洗う

 

しかし、体質により黒ずみが出来やすい人もいらっしゃいます。メラニンを生成するメラノサイトの働きが活発な体質の方(地黒の人、日焼けしやすい人、シミやそばかすが出来やすい人)といった方は、特に注意が必要です。

 

またヒザやヒジにはあまり関係ないかもしれませんが、紫外線などもメラニンの生成を活発化させる働きがありますので注意が必要です。

ニベアは黒ずみケアに逆効果?黒ずみケアに有効な成分が不使用!

黒ずみケア方法を探していると「ニベアが黒ずみに良いよ」といった事が記載されているサイトが多く見つかりました。

 

確かにニベアと言うと白いクリームでなんだか黒ずみも綺麗にしてくれそうなイメージですよね。

 

結論としては、ニベアは黒ずみケアクリームとしての効果は期待できないでしょう。

 

その理由としては以下の要因が挙げられます。

  • テクスチャが重い
  • 保湿成分が不向き
  • 黒ずみケア成分が配合していない

 

せっかく買ったのにと思っている方もニベアを塗ってしまうと逆効果になる可能性も0では無いのでよくごらんください。

 

ニベアはテクスチャが重い

ニベアは硬めのクリームです。薄く塗っても違和感が残るクリームです。

膝や肘などは良いかもしれませんが、お尻に塗ると下着がベタベタしてしまったりニキビの原因になる可能性もあります。

 

ニベアの保湿成分が不向き

ニベアは保湿効果が非常に高いクリームです。

黒ずみの原因がニキビであった場合、ニベアに含まれている保湿成分であるグリセリンがニキビの食料となって、ニキビが更に発生してしまう可能性があるのです。

 

ニベアは保湿効果が高いことは事実ですが、肌表面の蒸発を防ぐことに長けているので、保湿パックをしているイメージになります。

黒ずみケアにとって保湿は重要ですが、本当に大事なのは皮膚内の保湿効果です。

表面だけ保湿をしてもあまり意味が無かったりするんですよね。

 

皮膚内からの保湿をさせようとすると、やはり黒ずみケア専用の商品が必要になってきます。

 

ニベアには黒ずみケア成分が入っていない

ニベアが黒ずみケアとしておすすめできない最大の理由はこちら

黒ずみケアに有効な成分が配合されていないということです。(元々黒ずみケアクリームではなく、ただの保湿クリームですので、当たり前ですよね)

 

黒ずみの原因には様々な原因がありますが、主な原因が、刺激や乾燥によってメラニン増殖し、排出できなくなり色素沈着として黒ずみが出来るということです。

黒ずみケアとして大事なことは以下の2点

  • メラニンを生成させない
  • メラニンを排出させること

これらが出来るのは、やはり黒ずみケア専用のクリームになります。

 

黒ずみ有効成分としては以下の成分が良いでしょう。

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC
  • リノール酸S

これらの成分が、メラニンの生成を防ぐ働きがあり、シミやそばかすを防ぐ事が可能です。

 

黒ずみケアクリームを選ぶ際は、厚生労働省が認めた成分が配合してある「医薬部外品」を選ぶようにしてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみケアで気をつけるポイント

黒ずみってなかなか頑固で治りませんよね?特にデリケーゾーンは黒ずみが出やすく困っている女性は多いのです。場所が場所ですのでなかなか周りの人に相談を出来ずに自分の中で我慢をしたり不安になっている人が多いです。

「何かの病気なのでは?」

と不安になりますね。

ここで始めにお伝えしたいのは、デリケートゾーンの色は人それぞれということです。生まれつき色が濃い方もいらっしゃいますので、黒いから白くしなきゃいけないといった事はありませんのでご安心ください。

 

しかし男性的な目線でいうと、黒より白といった事はあるかと思います。大切な彼氏や旦那さんをガッカリさせないためにも、日頃から黒ずみとなる原因を排除しておく必要があります。

 

皮膚の黒ずみの原因は何?

 

そもそも肌が黒くなってしまうのには何が原因になっているのでしょうか?

結論としては「刺激」です。

 

刺激というのは大げさな刺激ではなく、摩擦などの細かい刺激が原因となっています。これら刺激が与えられた肌は、刺激から肌を守るために、メラニン色素を作り出します。このメラニン色素が原因で黒ずみが出来るわけなんです。

 

この刺激がなくなればメラニン色素の生成は止まりますし、肌に染み込んだメラニン色素(黒ずみ)も排出され、次第に肌は元通りになってきます。

 

しかしメラニンが多く排出され、長年肌にしみついた黒ずみはなかなか治る事はありませんので、それをサポートするために、黒ずみケア商品などが販売されているのです。

 

そんな黒ずみの原因である刺激にはどのような要因があるのでしょうか?

  • 下着などの締め付け
  • デリケートゾーンの洗いすぎ
  • 自慰のしすぎ
  • トイレットペーパーの使いすぎ

といった要因があります。

 

また乾燥も刺激となります。デリケートゾーンの肌が乾燥してしまうと摩擦などに弱くなり、メラニンの生成を促す要因となってしまいます。

ですので、保湿ケアが非常に大切になってきます。

多くの黒ずみケアクリームなどは、この保湿効果を第一優先で配合されています。

 

デリケートゾーンの黒ずみの進行を防ぐためにできること

正直黒ずみケアクリームを使うのが一番効果的ではありますが、まだ買えないといった方の為に、今からできる黒ずみの進行を防ぐためのケア方法を解説していきたいと思います。

 

  • ゆとりのある下着を付ける(しめつけのる下着は擦れも出ますので刺激が大きくなります)
  • セルフアンダーヘア処理をしない(カミソリや毛抜での処理は肌へ負担が大きく黒ずみの原因となります。)
  • トイレットペーパーで乱暴に拭かない(トイレットペーパーで刺激を与えてしまう可能性があります)
  • お風呂で洗うときは泡で優しく(直接手で触ってしまうと刺激なります、泡で洗うイメージが正しい洗い方です。)
  • 栄養バランスに気をつける(肌のターンオーバーを正常に働かせるために栄養バランスにも気を使ってください。)